キター! 夏休み/3学期制学校で終業式

 県内の三学期制の小中高校と特別支援学校で十八日午前、一学期の終業式が行われ、夏休みを心待ちにしていた子どもたちの笑顔が広がった。二学期制の学校では、通知表の手渡しや終業式はなく、朝礼で校長が夏休み前の注意を呼び掛けた。

 北中城小学校では、真栄城隆校長が八百八十三人の児童の活動を撮った写真を大型スクリーンで紹介しながら、一学期を振り返った。県大会に出場するサッカーや野球チームなどの児童を激励し、「車や健康などに気を付け楽しい夏休みを過ごしてください」と語り掛けた。

 一年生の教室では初めての「よいこのあゆみ」が手渡され、成績を見せ合うなど、子どもたちの歓声が上がった。

 新里悠太君(6)は「空手やピアノの発表会があるので頑張る。おじいちゃん、おばあちゃんが宮古島から来るのでとても楽しみ」と笑顔を浮かべ、期待に胸を膨らませていた。

出典:沖縄タイムス

タニタ、NTTドコモの「らくらくホンV」とデータ連携も可能な健康計測機器を発売

タニタ(本社:東京都板橋区)は2008年7月17日、NTTドコモの携帯電話「らくらくホンV」と連携して、健康データを管理できる健康計測機器を10月1日から販売すると発表した。体組成計、血圧計、歩数計の3種類で家電量販店などで販売する。価格はオープンで、予想実売価格は5000円~1万円。

同社は2007年3月、専用Webサイトで健康関連データを管理できる健康支援サービス「からだカルテ」を開始。通信機能内蔵の計測機器を使って、データのグラフ化や生活改善アドバイスを提供する有料会員制サービスとして展開してきた。今回、同サービス向けに提供している計測機器を単体販売することで流通チャネルの拡大を図る。

健康計測機器は、赤外線通信機能を内蔵しており、専用の「リレーキー」(予想実売価格は4000円前後)を経由してパソコンにデータを転送する仕組みで、「からだカルテ」の会員であれば、これをWebにアップロードして健康管理に活用できる。

また、ドコモが8月に発売予定の「らくらくホンV」(富士通製)でもデータの取り込みに対応しており、携帯アプリでグラフ化が可能。「からだカルテ」に入会してないくても基本的な健康データ管理ができるようになる。

まず都市部の家電量販店の40店舗程度で販売を開始する予定で、首都圏の一部店舗では、8月中旬から先行販売する。さらに順次、取り扱いエリアと店舗を拡大する予定。

出典:nikkei BPnet

フジッコ、砂糖を35%カットした「甘さをひかえたおまめさん」

 フジッコは、砂糖を約35%カットした煮豆「甘さをひかえたおまめさん」シリーズ4品を2008年7月22日発売する。健康が気になる人や、甘さが苦手で煮豆離れを起こしている人など“ライト~ミドルユーザー層”への浸透を目指す。希望小売価格はいずれも168円。

 砂糖を減らして、従来品よりカロリーを約10~19%カット。甘さを控えたすっきりした後味で、ごはんによく合うという。パッケージは「砂糖35%カット」を前面に記載し、コンセプトを明快に伝える。

 ラインアップは、北海道産大正金時豆を使った「きんとき」、北海道産黒豆の風味を生かした「北海道黒豆」、国内産大豆と昆布を合わせた「こんぶ豆」、国内産大豆にニンジン、コンニャク、タケノコ、昆布を加えた「ごもく豆」。北海道黒豆のみ8月1日発売。

出典:日経トレンディネット
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ