2008年02月

「階段の上り下りも記録します」、ニプロが気圧センサを搭載した歩数計を開発

医療機器などを製造販売するニプロは,気圧センサを搭載することで上下の移動を判別し記録できる歩数計「ウェルサポート」を「健康博覧会 2008」(2008年2月28~29日,東京ビッグサイト)で展示した。気圧センサで観測できる気圧の変化から高度の変化を求める。1秒ごとに測定データを記録しており,高度の変位とそれに要した時間から,階段を上り下りしたのか,エスカレーターやエレベーターを使ったかどうかを識別する。階段としては高さ16cm,奥行き33cmのJRの階段を基準とする。最終製品版の正式な値ではないが,現時点での外形寸法は48mm×78mm×18mm,質量は78g(単4乾電池2本含む)。

付属のパソコン用ソフトウエアを使って,行動履歴や運動強度を閲覧・管理する。1秒単位で階段の上り下りや走行,平地歩行,エレベーターなどの利用といった行動状態が記録される。例えば「階段を使って運動できる状況にあったにも関わらず,エレベーターを使って移動してしまった」というような行動を明確にすることで,日常生活での運動強度を高めて消費エネルギーを増やすことを目指す。

出典:nikkei BPnet

国民年金保養センターの引き渡し式 宇和島

 年金などを財源に建設した施設の整理・再編に伴い、宇和島市の愛媛女子短大を運営する学校法人創志学園(神戸市、大橋博理事長)への売却が決まっていた国民年金保健保養センターうわじま(同市丸穂)の引き渡し式が29日、同センターであり、三好清春センター長が大橋理事長にカギなどを手渡した。

 式には短大関係者ら約10人が出席。同短大によると、同保養センターの入札などを行ってきた独立行政法人年金・健康保険福祉施設整理機構(RFO)に対し、入金などの事務手続きが同日、完了。三好センター長が「今後もよろしくお願いします」と、カギなどを大学側に引き渡した。

 同短大は、同センター周辺が桜の名所でもあることから、愛媛女子短大「さくらキャンパス」と命名。介護などの人材育成にあたる場として活用する方針で、4月までに文部科学省へ校舎としての申請を済ませ、改装などを行う予定。

出典:愛媛新聞

資格証受診率、京都府ワースト2位 保団連調査

 06年度に京都府内で国保の資格証明書を交付された人の受診率が全国ワースト2位であることが、全国保険団体連合会(保団連)がまとめた全国調査で分かりました。

 受診率は、100人当たりの年間受診回数。調査結果によると、京都府は4・03。通常の保険証の場合と比べて病院にかかる回数は194分の1でした。全国平均は14・99。

 資格証明書で受診した場合、医療費の10割負担となります。京都市では、ぎりぎりまで受診を控えて死亡した事例も起こっています。

 保団連では、調査結果を受けて、舛添要一厚労相に要望書を提出。保険料滞納の基本的要因について、保険料が高すぎるために払いたても払えないことにあるとして、▽資格証交付者の受診率、健康状態の調査▽国保保険料を政府管掌健保や健保組合なみに引き下げる▽資格証交付をただちに廃止する―などを求めています。

 同調査には、全国39道府県の国保連が回答しました。

出典:京都民報Web

バッハは「白髪の短髪」、デジタル復元で解析

 18世紀のドイツ人作曲家ヨハン・セバスチャン・バッハの顔をデジタル処理により復元したところ、これまで一般に親しまれてきたイメージとは異なる解析結果が明らかになった。

 スコットランドの法医人類学者キャロライン・ウィルキンソン氏がバッハの骨とCG模型を使いバッハの顔を復元したところ、バッハは白髪の短髪で太った男性だったという結果が出た。今回新たに復元されたデジタル画像は来月、バッハ生誕の地である独アイゼナハにあるバッハ博物館で公開される。

 同博物館のマネジングディレクター、イエルク・ハンセン氏は、ロイターに対し「リアルな肖像画が無いので、多くの人々は、バッハはカツラをかぶった年老いた男性という固定観念を持っている」とコメント。その上で「今回復元されたイメージから、われわれは、彼(バッハ)が踊ったり、演奏しながら足を踏み鳴らしたり、また歌うこともあった健康的で活力に満ちた男性であったのを知ることができる」と語った。

 また、ハンセン氏は「彼がどんな容姿だったかはそれほど重要でなく、われわれは曲を通じてバッハが好きで、そのために人々は同博物館に足を運ぶのだが、同時に人々はバッハがどんな人間だったのかということにも興味を抱いている」とも述べた。

 バッハの骨は1894年に掘り起こされ、1908年に胸像製作のため彫刻家らにより初めて利用された。

出典:ロイター

健康福祉センター使用料を値上げへ 3月議会上程議案を説明

離島ターミナルバス専用駐車場も有料化

 石垣市は、3月4日開会する市議会3月定例会に議案47件を上程する。予算案は2008年度一般会計など17件、条例案は中央運動公園のブルペンや打撃ゲージの使用料設定、健康福祉センターの使用料引き上げのための改正案など18件を予定している。執行部は28日、市民会館中ホールで議員への全体説明会を開き、概要を説明した。

 新年度予算案のうち一般会計は191億5500万円で前年度から1.8%(3億4600万円)減。宮良小学校体育館新増改築などが盛り込まれた。農業集落排水事業特別会計4億1177万円は大浜磯辺集落の管路の整備がメーン。下水道事業9億569万円は約4290メートルの下水道管敷設が主。

 条例関係では、健康福祉センターの集団検診ホールを1時間2200円から4000円に、市立幼稚園の保育料を年額5万4000円から6万円に引き上げる内容が盛り込まれたほか、中央運動公園内のブルペンと打撃ゲージの使用料を新たに設定したり、石垣港離島ターミナルのバス専用駐車場を有料化したりする改正案が予定されている。

 市職員定数を見直す条例改正案は市長部局で362人から352人、教育委員会で166人から154人に減員する一方、消防本部については53人から55人に増員するもの。

 このほか登野城地区魚類養殖場背後地の市有地1万平方メートルを県内大手水産加工会社に売り払う件では、3億1350万円で売却する案件も上程する。

出典:八重山毎日オンライン
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ