香川県教育委員会(佐野伸治委員長)は20日、臨時会を開き、和泉幸男教育長(62)が31日付で辞職し、後任として細松英正県健康福祉部長(55)が4月1日付で就任することを決めた。細松氏は、知事部局の地元行政職員出身者として、和泉氏に続き2人目の教育長となる。

 臨時会は、19日の2月定例県議会本会議で、健康面の不安などを理由に辞任する和泉氏の後任の県教育委員に、細松氏が選任されたことなどを受けて開催。細松氏の任期は、和泉氏の残任期間を引き継ぎ2010年3月末までの2年間。

 佐野委員長は、細松氏の教育長選任について「幅広い行政経験と教育施策への理解や専門的知識を有しており適任」と説明。「新教育長を迎え、教育委員会として、今後とも教育行政の一層の充実に努め、県民の期待に応えられるよう全力で取り組みたい」とコメントした。

出典:四国新聞